BMW中古車専門店 東大阪市 スパークオート

06-6743-0011 営業時間:10:00?20:00

facebookとtweetボタン facebook twitter

2010年小型車需要、西欧以外は回復予想

2010年5月11日 11:12 AM
投稿者:spark-auto
カテゴリー:NEWS・イベント

JDパワー・アンド・アソシエイツによる「2010年世界市場小型車需要予測」が4月5日に発表されました。この中で、小型車の新車販売は、西ヨーロッパ以外の主要市場において、2010年はほぼ回復することが予測されています。

現在、全世界での小型車販売は、ここ最近で最も少なかった2009年から回復しつつあり、09年以前の水準に戻り始めています。JDパワーでは、特に中国、インド、ブラジルなどの新興市場で着実に成長し続けると見込んでいます。

さらに、JDパワーは、10年の全世界の小型車の販売台数は、前年比4%増の6,690万台と予測しています。ただ、いくつかの地域では引き続き苦戦が続くとも示しています。

その小型車の販売台数ですが、まず米国では、09年の1,150万台から10年に1,170万台へと若干増加。そして、西ヨーロッパは、09年の1,500万台から8%減の1,370万台となると予測しています。西ヨーロッパで減少する主な要因は、2009年に販売を牽引した廃車・代替奨励金が終了したことにあるとして、特に減少するのはドイツとイタリアだと指摘しています。

一方、東ヨーロッパでは、10年は1%と微増して320万台近く、ロシアでは09年比で10%増の160万台とのことです。

さらに、アジア太平洋地域では、日本は09年比で11%増の500万台、中国、インド、ASEAN各国では2年連続伸びると予測しています。南米でも、09年比15%増の460万台になると見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です