title image

スタッフブログ

BMW『X1』 環境性能がアップした新モデル追加

BMWジャパンは10月末、BMW『X1』において環境性能を向上させた

「X1 xDrive20i」と「X1 xDrive28i」を追加して発売することを明らかにしました。

X1 xDrive20iは、電子制御式4輪駆動システム「xDriv」を搭載したモデルで、

新たなエントリー・モデルとして位置づけられています。またX1 xDrive28iのほうは、

従来の「xDrive25i」に代わるX1のラインアップにおける新たなトップ・モデルとなっています。

いずれのモデルも、新たに開発された2.0リットル直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。

8速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせが特徴です。このエンジンは、ダイレクト・インジェクション・システム、

バルブトロニック、ダブルVANOS(バリアブル・カムシャフト・コントロール)、

ツインスクロール・ターボチャージャーなどの技術を採用しています。

X1 xDrive20iは、最高出力184ps/5000rpm・最大トルク270Nm/1250-4500rpmで、

X1 xDrive28iは、最高出力245ps/5000rpm・最大トルク350Nm/1250-4800rpm。

また、気になる燃費はというと、10-15モード燃料消費率はX1 xDrive20iで12.4km/リットル、

X1 xDrive28iで12.2km/リットル。2010年度燃費基準+15%と2005年排出ガス基準75%低減レベルを達成しているため、

「エコカー減税対象モデル」に指定されます。

発売される価格は、X1 xDrive20iが424万円、X1 xDrive28iが495万円で、

納車は2011年11月上旬からスタートしています。より環境に優しく燃費も向上したBMW『X1』シリーズ、

買い替えをお考えならぜひオススメの1台といえそうです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください