title image

スタッフブログ

◆BMW 新型6シリーズ・グランクーペのすべて

12月半ば、BMWが新型『6シリーズ・グランクーペ』を発表しました。

新型6シリーズは、「カブリオレ」「クーペ」に続く第3弾。しかも、

6シリーズで初めてとなる4ドアクーペとして注目を集めています。

この6シリーズ・グランクーペは、BMWが2010年4月に

中国・北京モーターショー10で『コンセプト・グランクーペ』として初めて公開したモデルに端を発します。

そして、6シリーズ・グランクーペはこの市販モデルであり、

当時のコンセプトカーのデザインがほぼそのまま市販バージョンに反映された形です。

6シリーズ・グランクーペのボディサイズは、

全長5007×全幅1894×全高1392mm、ホイールベース2968mmです。

特徴は、従来の2ドアクーペに対し、約110mm伸びた全長とホイールベースで、

広くなったスペース分は後席乗員の空間に充てられています。また、

エンジンは他の6シリーズと同じで、ガソリンは2種類。

「640i」は直噴3.0リットル直列6気筒ターボ、

最大出力320ps/5800-6000rpm、最大トルク45.9kgm/1300-4500rpm。

0-100km/h加速は5.4秒、最高速は250km/h(リミッター作動)となっています。

また、直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボ、

最大出力450ps/5500-6000rpm、

最大トルク66.3kgm/2000-4500rpmは先のクーペやカブリオレよりパワフルさが際立っています。

2012年3月、スイスで開かれるジュネーブモーターショー12においてワールドプレミアとして展示される予定です。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください