title image

スタッフブログ

◆BMW 今後のエコカー戦略での可能性

BMWグループの環境にいい車“エコカー”へのシフトが加速しています。

12月1日、BMWグループとトヨタ自動車が環境分野での技術提携を発表したことは、

世界の自動車市場で大いに話題になりました。

そして次の手として、BMWが今度は燃料電池の分野でGMと提携する可能性が出てきたと、

ドイツの経済誌『Wirtschafts Woche』電子版が伝えています。

Wirtschafts Wocheによると、

BMWとGMが燃料電池分野で提携交渉を進めているとのこと。

さらに、BMWはGMと交渉中であると認めた一方、GMはコメントを拒否したとも報じています。

この両社が提携する正式な発表は、Wirtschafts Wocheは

2012年1月にアメリカ・デトロイトで開催されるデトロイトモーターショー12が終わった後になるのではないかと予測しています。

また、電気自動車(EV)の分野においても、

BMWの新たな動きが出てきているようです。

欧米や日本の他の自動車メーカー同様、BMWが中国において

専用のEVブランドを立ち上げる可能性があると、『オートモーティブニュース』が

BMWの取締役の1人のコメントとともに伝えています。

BMWのEV新ブランドは、BMWと華晨中国汽車による現地合弁会社

「BMWブリリアンス」が設立する見込みで、BMWブリリアンスは2011年4月に

上海モーターショー11の会場で、同社が独自開発した『5シリーズ』

プラグインハイブリッドを初めて公開したことで知られています。

このようにEV市場にもBMWは積極的に参入する動きが見られます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください