title image

スタッフブログ

日本で売れているタイヤブランドは?

自動車の部品で最も欠かせないのがタイヤです。どのメーカーのタイヤを装着するかどうか、かなりこだわりを持っているユーザーもいることでしょう。J.D.パワーアジア・パシフィックがおこなった2009年日本OEタイヤ顧客満足度調査によると「ブリヂストン」がダントツで総合トップに立っています。

 この調査では、乗用車を新車で購入した後、7か月から18か月経過したユーザーを対象にしました。特に、新車に装着されたOEタイヤの満足度を調べています。そして軽自動車をはじめ、コンパクト車、パッセンジャー車、ミニバン、 SUVの5つのカテゴリーで分析しています。この調査は今回が8回目のようです。そして2008年5月から翌2009年4月の間に新車を購入した乗用車ユーザーに対して、インターネットでの調査を行って8,017もの人々から回答を得たとのことです。

 まず、軽自動車部門ではダンロップが1位となり、2位にブリヂストン、ヨコハマが同時に並びました。また、コンパクト車部門ではブリヂストンが3年連続トップとなりました。一方、パッセンジャー車部門は5年連続でミシュランが1位、2位にコンチネンタル、3位がブリヂストンでした。

 さらにミニバン部門では、ブリヂストンが2年連続1位、2位がヨコハマという結果でした。そしてSUV部門では、1位はブリヂストン、2位がミシュランとなりました。

しかしながら近年では他のアジア勢(韓国、台湾、インドネシアなど)の輸入タイヤがデフレの波に乗りシェアをどんどん広げています。走行性能やクオリティの劣る部分はほとんど感じないのは私だけ!?というぐらい性能が上がってきています。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください