title image

スタッフブログ

女性と「クルマ」の関係

女性にとって自動車とは、今はどういった存在なのでしょうか。以前だと、男性の助手席に乗せてもらうものだったかもしれません。しかし現在、自動車を持たない男性が増えました。さらに、自宅に自動車があっても、大きなワゴン車だったり、高級車だったり、スポーツカーだったりしたら、いくら自動車の免許を持っていたとしても、なかなか運転しづらかったことでしょう。

 意外と女性にも自動車が必要なものです。例えば子育て中なら、周りの迷惑などを考えたり、ピンポイントで動けるので、電車よりもはるかに便利です。最近、どの自動車メーカーも女性をターゲットにした自動車をアピールしています。特に、小ぶりな軽自動車があげられます。パワーこそないものの、運転のしやすさはピカイチです。いまいち運転に自信のない女性でも、小さい車ならと、乗ってみようと思うかもしれません。

しかも、日本国内での販売台数は現在、ほぼ3台に1台が軽自動車とのことです。ランキングなどでも最近、上位を軽自動車かハイブリッド車がほとんどを占めています。軽自動車はもちろん、燃費もとてもいい車です。

 さらに、昔なら自動車の色は白、黒、シルバー等が主流でしたが、最近、水色、オレンジ、ピンクなどといった女性好みの色もそれぞれのメーカーがラインナップしています。街を走っていると目立つことは間違いないですが、その点でも存在感をアピールしたい女性にぴったりといえるでしょう。しかしながら安全面ではBMWの足元にも及ばないという事実もあります。衝突安全性ではやはり優位なのは欧州車でしょう。まさしく命を乗せているわけですからないほうがモチロンいいのですが事故にあったときのことを考えて車選びをする必要があるでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください