title image

スタッフブログ

◆M6クーペとM6カブリオレの注文スタート

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW Mのフラッグシップモデルにあたる

『M6クーペ』と『M6カブリオレ』の注文受付を4月上旬からスタートしています。

この新たな2モデルですが、まずエクステリアを見ると、大型エアインテークをそなえたフロントエプロンをはじめ、

幅広いトレッドに対応した専用設計のフロントフェンダー、Mデュアルツインエキゾーストテールパイプなどが装備され、

まさに“機能美”を追求したスタイリングで見事に仕上げられているのが特徴です。

一方、インテリアは、ホワイトイルミネーション、レッドメーターニードルに加え、

専用ディスプレイをそなえたMインスツルメントクラスターなどが配置され、

よりスポーティなコックピットが演出されているのはさすがMシリーズならでは。

そして、パワーユニットは高回転型4.4リッターV型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、

最高出力560psを発揮。4.2秒で100km/hまで加速する運動性能を実現します。

それと同時に、エンジンオートスタート/ストップ機能なども採用され、

先代モデルと比べると燃料消費率が30%以上もアップしています。

気になる価格はというと、M6クーペが1,695万円、M6カブリオレが1,760万円となっていて、

納車は、M6カブリオレが7月、M6クーペが10月からの予定です。なかなか高価ですが、こだわりの1台としていかがでしょうか。

【関連情報】
BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください