title image

スタッフブログ

BMWアートカー17台目はルマン24時間参戦

BMWでは、米国ニューヨーク在住のアーティスト、ジェフ・クーンズ氏に依頼して17台目の「アートカー」を製作しています。「M3クーペ」のレース仕様車で、さらに2010年6月のルマン24時間レースに参戦することになりました。

BMWによるアートカーは1975年、米国の彫刻家アレクサンダー・カルダー氏が友人のレーシングドライバー、エルベ・ポーラン氏のために描いたのが最初でした。ポーラン氏の「3.0CSL」は1975年のルマン24時間に参戦して話題になりました。

その後、アンディ・ウォーホル氏やディヴィッド・ホックニー氏ら、有名アーティストが手がけ、フランク・ステラ氏の「3.0CSL」(1976年)、ロイ・リキテンシュタイン氏の「320iグループ5仕様」(1977 年)など、それぞれのアーティストによるユニークなBMWワールドを表現した傑作ばかりです。

2010年は、アートカー誕生35周年に当たります。今回のクーンズ氏は、BMWと20年にわたって親交があるアーティストです。

そして、今回のアートカーが、M3クーペのレースバージョン「M3 GT2」で、エンジンなどの基本メカニズムは市販のM3クーペがベースとなっています。専用チューンを施した4.0リットルV型8気筒エンジンで最大出力500psなのをはじめ、ボディパネルにCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)を使用して車両重量を1150kgまで軽くし、発進から160km/hまでわずか3.4秒で到達するそうです。

ちなみに、ルマン24時間レースは、6月12~13日までフランスで行われます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください