title image

スタッフブログ

京都市I様BMW E46 318iツーリング エアコン不調&シートカバー取付

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
P1080919今回は、京都市I様BMW E46 318iツーリングです。
ご入庫の理由は、「エアコンが全く効かない」という事です。
この猛暑では、エアコンが効かないと、致命的です。
早速、点検をしていきます。
まずは、コンプレッサーが作動しているかチェックして見ると、エアコンをONにしてみても、コンプレッサーが動いていません。
続いて、コンプレッサー本体の故障なのかどうかを、調べます。
エアコンをONにした時に、コンプレッサーのマグネットスイッチの電源は、キチンと来てます。
だとすると、本体の故障で、コンプレッサーを交換しないといけません。
でも、取付けてあるコンプレッサーを確認してみると、異常に綺麗なコンプレッサーが取付けてあります。
どうみても、最近交換したっぽいので、コンプレッサーに付いている配線をチェックして見ると・・・。
マグネットスイッチ直前のコネクターまで、電源が来てません。
車両コネクター側には、電源が来ているので、どうやら原因は、コネクターの接触不良の様です。
コネクターを外し、端子を掃除して、接続しなおすと、コンプレッサーは元気に動き出しました。
コンプレッサーが動いていることを確認して、エアコンガスの量や、効き具合を点検してみると、ガス量も効き具合も問題ないので、エアコンに関しては、終了です。

続いて、シートカバーの取付です。
シートカバーの取付は、ご来店時に、「運転席のシート表皮が気になるから何とかしたい」とI様からご相談がありました。
P1080923左の写真の様に、表皮がめくれてしまっています。
この部分は、どうしても乗り降りする時に擦れてしまうので、ある程度は仕方が無いのですが、I様のお車は、あまりにもひどい状態でした。
運転席の背もたれ部分だけ表皮の交換をする事は出来るのですが、シートカバーは、全席に取付けるので、お車の印象がガラリと変わるので、I様には、シートカバーの取付をお勧めしました。
シートカバーは、色んなデザインやカラー、材質があり、今回、I様が選択されたのは、白の合成皮革タイプです。
では、取付です。
夏場は、カバーが伸びやすくて冬場よりは取付しやすいですが、この暑さで人間の方が先にダウンしてしまいます。
で、取付後がこちら↓
P1080925元々のファブリックの生地から、白色のシートカバーを装着したことで、オシャレな室内に変わりました。
これで、I様のお車は作業完了です。

シートカバーの取付や、お車の点検(エアコンやオイル漏れなど)など、気軽にお問い合わせ下さい。

BMW専門店スパークオート 門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください