title image

スタッフブログ

BMWE36 タッペットカバーP/K交換

こんにちわ

スパークオートのトミーです。

今回は、

エンジンタッペットカバーパッキンの交換です

車検で入庫したBMWE36ですが

お客様よりエンジンの調子が悪いとの事で、

受け入れ点検で、プラグをめくると、

大変なことになってました。

 

コイルを外すとオイルが溜まっていて

プラグが失火して、エンジン不調になってました。

 

カバーを外して、新しいパッキンにゴミがかまない為に

カバーとエンジンの接地部を綺麗に掃除をします

上の画像がパッキンです。丸いのがプラグライナーに

オイルが混入させない為のパッキンです。

後は新しいパッキンと、オイルでべたべたになったプラグを交換して

完了です^^

丸いパッキンは、コイルを外さないと見れないため、

車検や定期点検の必要性は

こういうとこにあるのかなと

思われます。

車検、点検、一般修理など

受け付けますので

気軽にスパークオートまで

ご相談下さい。

スパークオート

冨田

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください