title image

スタッフブログ

大阪市U様 BMW E46 330i 追加整備

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、先日からお預かりしているU様のお車です。
先日ブログでお伝えしましたが、前後ショックアブソーバー交換で、ご入庫でした。
ショックアブソーバーの交換作業を終え、ご納車準備をしていると、エンジンの下側に、クーラントが漏れている跡を見つけ、すぐにリフトアップをし点検してみると、エクスパンションタンク(サブタンク)の下側に、クーラントが垂れています。
もしやと思い、加圧テストをしてみると、サブタンクの側面にひび割れがあり、そこからジワジワと漏れています。
すぐに、お見積りを作成しU様にご連絡を入れ、クーラント漏れ修理をすることになりました。
クーラント漏れ修理実際、漏れているのは、サブタンクなので、サブタンクとそれに付随する部品を交換すれば、現状のクーラント漏れは修理できますが、今後、永くお乗り頂く為には、冷却系統(ラジエーターホースやウォーターポンプなど)一式で交換する方が、安心です。
U様にも、サブタンクのみ交換と冷却系統一式交換の2つのお見積りを作成し、ご相談して、今後の事も考え、冷却系統一式交換で、作業になりました。
すぐに部品を手配し、部品が到着するまでに、交換する部品を外していきます。
冷却系統部品が到着後、新品の部品を組み付け、クーラントを補充し再度、漏れの点検です。
漏れが無い事を確認し、U様に完成連絡です。
サブタンクやラジエーターホースなどの樹脂パーツは、経年劣化などで硬化してしまい、割れやすくなります。
今まで漏れていなくても、突然、ひび割れしクーラントが漏れだしてくることが良くあります。
走行距離が6万キロを超えているお車や、新車登録から6~7年経過しているお車は、要注意です。
クーラント漏れは、オーバーヒートに繋がるので、エンジンの下側にシミが出来ているような事があれば、早急に点検をお奨めします。

お車の点検や、車検、メンテナンスのことなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください