title image

スタッフブログ

大阪市城東区Y様 BMW E90 320i オイル漏れ修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市城東区Y様のE90 320iで、エンジンオイル漏れの修理です。
BMW E90 320iエンジンルームから白煙が上がるとご来店されました。
すぐに点検してみると、タペットカバーバキュームポンプからオイルが垂れています。
垂れたオイルが、マフラーにかかり、煙が出ています。
Y様にご説明し、そのままお預かりしました。
手配した部品も揃ったので、作業を開始します。
まずは、タペットカバーを外していきます。
タペットカバーを外し、ガスケットを触ってみると、プラスティックのように硬くなっていました。
E90 オイル漏れ修理タペットカバーが外れた所で、今度は、バキュームポンプを外します。
バキュームポンプは、エンジンに取付部分と、バキュームポンプ本体から漏れています。
バキュームポンプをバラして、本体のパッキンを交換します。
バキュームポンプ取付部分のパッキンも交換し、バキュームポンプを組み付けていきます。
組付け後、タペットカバーのガスケットを交換し、タペットカバーや外した部品を復元していきます。
全て復元できたら、オイルが垂れた部分を洗浄し、エンジンを始動して漏れのチェックです。
漏れが無い事を確認して作業終了です。

E90の4気筒エンジンでは、タペットカバーとバキュームポンプはよく漏れる部分になります。
この他にも、エンジンのオイルパンやATのオイルパンなどよく漏れる部分があります。
駐車場にシミが出来る場合は、早めに点検・修理をお勧めします。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください