title image

スタッフブログ

BMW E90 レザーシート張替 本革と合皮。

こんばんは。ヨナハです。
ワールドカップの熱さは引いていきましたが、
日本の暑さは勢いに乗ってきましたね!

暑い寒い関係なく、相変わらず弊社は
バタバタとさせていただいております。
ありがたい事です。

本日はショールーム内での涼しげな作業の一コマ!

新着入庫の
BMW E90 325iLCIBEAMコンプリートカーStⅡへ
BEAM本革レザーインテリアキットのインストール中!
P1020998
毎度の事ですが、
弊社ではファブリックシート生地を丸外しして
100%本革のレザーを、丁寧に貼り付けていきます。
レザーシートと一言にいっても、ビニール、合皮、本革とありまして
現在、一般的に使用されている張替時の生地は、
本革と合皮の混合になっているものが多いです。

maru

写真は例ですが、座面センター部と、背もたれセンター部が本革で
サポート部や側面、ヘッドレストは合皮。というような感じです。

混合のメリットはコストパフォーマンスですね。

さらに最近では、新品時は本革との見分けも結構難しいといわれております。
しかしわかる人が見れば、触れば、嗅げば!?すぐにわかります。
使用していけば、耐久性や質感などの差はすぐにわかります。

せっかくの高級車。せっかくのBMW
いいものにはいいものを!という事でBEAM本革レザーインテリアキットは
100%本革を使用しております。
__ 2
張り替える作業も大変手慣れたものですが、
一部位につき10個前後のオームクリップを外してはめての繰り返しですので
それなりに時間は費やします。
__ 3
業者によっては、元生地のファブリックシートを剥がさずに、
手早く張り替える?(貼り付ける)手法で作業しているとも
聞いたことがありますが、(もちろんやり方も知っております、笑)
確かに効率は大事ですが、
エアロパーツやナビ、ライト等に比べ、
そんなに急いで大量にする作業でもありません。

逆にそうする事によって、使用し始めた後の不具合、
耐久性が落ちてしまうようなデリケートなカスタム箇所です。
P1030001
手間を惜しまずに仕上げる事で、クオリティーは全く違います!

100%本革、手間を惜しまない作業、どちらも
お車を購入された方が、長く大切に使用できるようにとの思いで
張り替え作業しております!!

そのため、選んで下さるお客様へは自信を持ってお勧めしております(笑)

長くなりましたが、実際の張り替え作業はまだ中盤(汗)
「ブログなんかしてないで手伝え!」
なんて怒鳴られそうですが、
そんだけの手間と良さをきっちり伝えることも大事です!
と言い返してやります(笑)

㈱スパークオート
東大阪市三島3-18-8
06-6743-0011
ヨナハ トモヒロ

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください