title image

スタッフブログ

大阪市U様 BMW E87 120iクーラント漏れ修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
BMW E87 120i今回は、大阪市U様のBMW E87 120iでクーラント漏れの修理です。
以前、クーラントが漏れているみたいという事で、点検させて頂きました。
今回、修理でのお預かりです。
漏れている部分は、ウォーターポンプロックプレートです。
漏れは2か所ですが、修理・交換作業は、冷却系統一式(ラジエーター本体を除く)です。
では、作業開始です。
クーラントを抜き取り、ラジエーターホースやヒーターホースなどを外していきます。
サクサクと部品を外していき、外した部品がコチラ↓
DSC_0247これだけの部品を交換します。
ウォーターポンプはパワステポンプで、駆動しているので、パワステポンプごと取り外さないといけません。
ロックプレートと言う部品は、エンジンの後部のバキュームポンプの横に取り付けてあるので、交換するのは、手探りでの作業になります。
部品が外れると、あとは組み付け作業です。
組み付け後、クーラント・パワステオイルを補充します。
追加で頂いたエンジンオイルの交換をして、あとは、漏れのチェックです。
漏れがない事を確認して、アンダーカバーなどを復元して作業終了です。

クーラントやエンジンオイルなどの漏れ修理などメンテナンスに関する事などお気軽にお問い合わせ下さい。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください