title image

スタッフブログ

BMW車につけられたコードの先頭文字の意味について

BMW Fシリーズこんにちは、
大阪 BMW中古車 販売店
SPARK AUTOです。

BMW車は従来はEというモデルコードが与えられたクルマが殆どでした。
E30,E34,E60 といったように使われていたわけですが、2008年からFが頭文字になっているのです。

実はこの頭文字には意味が託されているのです。
2008年までつかわれていたEはドイツ語でENTWICKLUNG、つまり開発とか進化といった意味がこめられており、Fはラテン語のFUTURUM、未来の頭文字から来ているのです。
2008年以降この開発コードの頭文字が変更となったのは、やはり新時代に挑もうとするBMW社の
意気込みの表れという風に市場では受け止めているようで、たしかにFになってからのモデルはどれもアグレッシブなものが増えている印象があります。
ハイブリッド、電気自動車、ダウンサイジングエンジン、クリーンディーゼルと消費者の志向にあわせて数多くの選択肢を提供しようとしているBMW社は、より一層アクティブな新車開発を目指しているようで、今後の新型車の発表が期待される状況です。
国内だけでもここ2年ほどで驚くほどの新型車が投入されるようになっており、日本市場に
対する同社の意気込みも本物であることを強く感じさせる今日このごろです。
2015年にはさらに進化したBMWのニュープロダクトが日本にもローンチされることが予想
されており、また新たな感動にめぐり合える1年となりそうです。

スパークオート ストックリスト → こちら

大阪 BMW中古車 販売店 スパークオート でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください