title image

スタッフブログ

東大阪市I様 BMW E46 318iツーリング ウィンドウレギュレーター交換

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、東大阪市I様のBMW E46 318iツーリングです。
DSC00453突然、左リアのパワーウィンドウが動かなくなったという事で、ご来店されました。
点検してみると、パワーウィンドウスイッチの操作に連動して、モーター音はしているので、モーターやスイッチ類はOK。となると、E46では定番のウィンドウレギュレーターの故障と判断し、お車をお預かり、部品を発注しました。
部品が届くまでの間に、内張りを外して、本当にウィンドウレギュレーターが故障しているか確認してみると、いつも通りの部分(ワイヤーの固定部分)が壊れていました。
DSC00449新しいレギュレーターが届くと、モーターを付け替えて復元し、動作チェックします。
キチンと動作することを確認して、インシュレーターや内張りを復元すれば作業終了です。

E46では定番ですが、E90やE60でもチラホラとこのウィンドウレギュレーターの故障が出てきています。
パワーウィンドウを動かした時に、カタカタと音がする場合はウィンドウレギュレーターが壊れかけている可能性があります。
異音がする場合は、早めに点検・修理をお勧めします。

修理やメンテナンスの事などお気軽にお問い合わせください。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください