title image

スタッフブログ

レース経験をフィードバックする3Dデザイン

1998年にスタートした3D Design(3Dデザイン)は、

国内や海外のさまざまなカテゴリーのレースに参加しながら、

海外のビッグレース、しかもビッグメーカーのサポート的な業務に携わってきました。

そして、現場でつちかった確固たる技術と経験、

そして豊富な知識を持ったスタッフたちが、3Dデザインを設立しました。

もともと、3Dデザインの基本的なスタンスは、

レースをなどでこれまでつちかってきた技術とノウハウを中心に、

サーキットからストリートまでを網羅する、

自らが必要とするパーツをあくまでもユーザー本意に開発して供給することです。

そして現在、主にBMWのモデルに対応したチューニングパーツ、ドレスアップパーツを製作し、

世界中のBMWファンを魅了しているチューナーです。

例えば、3Dデザインの主なパーツというと

サスペンションや足回り、エアロやボディパーツ、

アルミホイール、ブースターチップ、3連メーター、インテリアパーツなどがあげられます。

その中でも最もよく知られているのは、

アルミホイールかもしれません。

ピュアスポーツホイールとして根強い人気を誇っているのが

「BROMBACHER / ブロンバッハ」という3Dデザインの公式ホイールです。

BMW車用のホイールは、国内未発表の逆輸入モデルになり、

、3Dデザインが独占販売するオリジナルサイズのみとなります。

アルミホイールを交換すると、ガラリと印象が変わります。

BMWをさらにスタイリッシュに、美しく見せる3DデザインのアルミホイールはBMWファンなら必携かもしれません。

3Dデザインホームページはこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください