title image

スタッフブログ

奈良県生駒市N様 BMW E90 320i 車検

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、奈良県生駒市N様のBMW E90 320i車検です。
DSC_0955先日、車検のお見積りでご来店され、入庫のご予約をいただいていたお車です。
お見積もりは済んでいるので、必要な部品を手配し、作業を進めていきます。
N様のお車は、オイル漏れ修理やタイヤ交換など整備が必要な部分があります。
部品が揃うまでまずは、車検の基本点検や油脂類の交換を済ませておきます。
基本点検整備が終わると、オイル漏れ修理に取り掛かっていきます。
漏れているのは、タペットカバーからです。
タペットカバーガスケットの交換です。
エンジンカバーやハーネスなどを避けていき、タペットカバーを外します。
タペットカバーが外れたエンジンがコチラ↓
DSC_0962ガスケットの取り付け面を清掃後、ガスケットを交換しタペットカバーを組み付けていきます。
タペットカバーのオイル漏れ修理が終わると、もう1か所のオイル漏れ修理です。
2か所目はソレノイドバルブからです。
こちらは、ソレノイドバルブのOリングを交換します。
ソレノイドバルブを外し、Oリングを交換し、組み付けていきます。
次は、クーラント漏れです。
今回漏れていたのは、接続ピースという部品です。
ラジエーターアッパーホースが接続される部分です。
コチラは、ガスケットだけの交換ができないので、接続ピースごと交換です。
DSC_0966接続しているホースを外し、3本の固定ボルトを外せば、接続ピースは外れます。
コチラも取り付け面を清掃後、新品の部品を組み付けて復元していきます。
オイル漏れ、クーラント漏れの修理が終わると、エンジンオイルとクーラントを補充し漏れの確認です。
クーラントのエア抜きを行っている間に、タイヤを交換します。
フロント、リアともにスリップサインが出ています。
DSC_0958サクサクっと4本、交換を終わらせ、残り作業は、ワイパーブレードの交換、発炎筒の交換などです。
残り作業が終わると、試運転を行い、作業はすべて終了です。
あとは、継続検査を受ければ終了になります。

BMWの車検や点検、修理やメンテナンスに関することはお気軽にお問合せください。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください