title image

スタッフブログ

BMW の次期「6シリーズ」に“4ドアクーペ”登場

BMWは、7月にドイツ・ミュンヘンで開催されたメディア向けのイベント「デザインナイト」において、

次期「6シリーズ」に“4ドアクーペ”を設定することを明らかにしました。

BMWのクラウス・ドレガー取締役が、

コンセプトカー『コンセプトグランクーペ』のヨーロッパ初公開に合わせて次期6シリーズについても言及。

ちなみに“4ドアクーペ”は今回、お披露目されたコンセプトグランクーペがモチーフになるとのことです。

このコンセプトグランクーペ、

今年4月に中国・北京モーターショーで初めて登場しました。

まるで「鮫」をイメージしたというシャープなノーズをはじめ、

緩やかなカーブを描くルーフラインやフラットなシルエットなどが大きな話題になりました。

コンセプトグランクーペの全長は約5000mm、『5シリーズセダン』よりも100mm長くなっています。

でも、全高は1400mm以下で、5シリーズよりも100mm低く、

コンセプトグランクーペをより個性的に見せていることで好評のようです。

現在の「6シリーズ」は、2ドアクーペとカブリオレの2ボディのみ。

BMWによると、発売は2012年後半の予定とのことです。

この時期に合わせるとなると、ライバルたちもすでに動いていて、

たとえばアウディが発表した『A7スポーツバック』など各社がきそいあって

今年9月末のフランス・パリモーターショーでデビュー予定の新型メルセデスベンツ『CLS』などと競合しそうです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください