title image

スタッフブログ

東大阪市O様 BMW E90 320i BEAMコンプリート Fブレーキ交換

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、東大阪市O様のBMW E90 320i BEAMコンプリートFブレーキ交換です。
Fブレーキパッドの残量が少なくなっているので交換です。
同時にブレーキディスクも交換します。
では、作業開始です。
まずは、Fブレーキを分解していきます。
写真の状態まで、サクサク分解していきます↓
ここまで分解すると、あとは新品の部品を組み付けていくのですが、組み付け前にキャリパーサポートなどに付着しているブレーキダストなどの汚れをワイヤーブラシを使いながら落としていきます。
ダストの掃除が終わると組み付けです。
で、組み付け後がコチラ↓
もう片方のブレーキも同様に作業します。
左側にはパッドセンサーが取り付けてあるので、新品に交換します。
両方の作業が終わると、ブレーキフルードの量を確認し、テスターでFブレーキパッドのサービスメンテナンスをリセットします。
リセット後、アタリ付けもかねて試運転します。
試運転前のブレーキディスクがコチラ↓
試運転後のブレーキディスクがコチラ↓
ディスク表面の塗装が削れてアタリが付いてきています。
ブレーキパッドとディスクのアタリ付けは通常走行で100から200キロほど走行すれば完了します。
アタリが付くまでブレーキが甘くなりますので、走行には充分、気を付けてください。

ブレーキパッド交換などのメンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。

BMW専門店スパークオート 門田でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください