title image

スタッフブログ

東大阪H様 E60 AT不具合修理作業中

BMW専門店スパークオートの津村です。
オートマチック・トランスミッション(AT)の不具合修理の進捗状況です。
テスターでの診断では、クラッチレシオエラーと出ていましたので、クラッチに滑りがあるのか、センサーの不具合辺りが怪しいのですが、どちらにしてもAT修理しか対処法がありません。
ATを降ろすべく、マフラーやら遮熱板やら色々と取り外しつつATFも抜きます。
やはり滑りがあるのかATFもかなり黒くなっていました。
ATを降ろした状態の、あまり見る事のないエンジンリア側です。
降ろしたATです。
弊社で修理出来たら。。。といつも思うのですが、内部の構成部品の入手が難しい上に整備書も入手が難しいので、専門の業者へ送って修理して貰います。
他の外国車がどうなのかは知りませんが、BMWにおいてAT本体不具合=本体交換となるのは、ディーラーでもミッション本体の構成部品は入手出来ない=修理自体やりたくても出来ないからなのです。
私が某国産ディーラーにいた頃は、ATを丸ごと交換するのは有償にしろ保証にしろ高額なため、部品と取得して修理するようになっていました。
当然、部品の供給体制もありましたし、整備書も当然あり、ATの診断・修理のための専門教育もあったものです。
アッセンブリー交換は手っ取り早くていいのですが、修理可能なものは修理して少しでも安くと云うのが想いなのですが、修理出来るはずなのに補修部品が手に入らないとか、手に入らないまでも修理出来る業者さんすら存在しない場合はアッセンブリー交換しかなくなります。
ATの不具合でお困りの際は是非一言ご相談下さい。
H様、お車の修理完了まで今暫くお待ち下さいね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください