title image

スタッフブログ

大東市S様 E46 パワーウインドウレギュレーター交換

BMW専門店スパークオートの津村です。
本日はE46の故障箇所の定番でもある、パワーウインドウレギュレーター交換作業です。
今回は右リアドアウインドウが上がらなくなったとの事です。
取り外してみると、ワイヤーが外れてからまってしまっています。
BMWの多くの車種に言える事なのですが、レギュレーターのワイヤーの取付部やワイヤーのかかっている箇所がプラスチック製なため、ある程度年数が経てば破損しやすくなります。
あまり年数を経ていないのに壊れる原因は、あまり動かさない事も一因なので、時々は運転席以外の窓も開け閉めしてあげましょう。
新しいレギュレーターにモーターを移植してドアに組み付けます。
同時にインシュレーター(ドアの穴をふさいで水の侵入を防いでいる部品)も交換するため、貼り付け部のブチルテープも新品に貼り替えます。
後は内張り等の部品を組み付け完了です。
後部ドアのレギュレーター破損で窓が落ちた場合、窓にフィルムを施工されている場合は、外れたワイヤーでフィルムが破損している事も多くあります。
その場合フィルムも再施工の必要があります。
今回はフィルムの破損はなかったので良かったです。(^^)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください