title image

スタッフブログ

大東市N様 BMW E66 760Li 走行不能修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大東市N様のBMW E66 760Liです。
「警告灯がいっぱい点灯して、ハンドルが重くなった。」とご連絡があり、
積載車で引き取りに伺いました。
戻ってきて点検してみると、オルタネーターベルトが外れてしまっています
更に点検を進めてみると、ウォーターポンプのベルトプーリーがガタガタになっています。
おまけにベルトプーリーが割れてしまっています。
ベルトが外れた原因は、ウォーターポンプの軸にガタがありプーリーが振れてしまいベルトが外れてしまったようです。
修理のお見積を作成し、N様にご連絡し、ご了承をいただき作業を進めていきます。
修理内容は、ウォーターポンプ交換です。
ウォーターポンプに付くサーモスタットやラジエーターホースなども念のために同時交換しておきます。
いざウォーターポンプを取り外して見てみると、ポンプのフィンが割れてボロボロになっています。
交換部品を取り外すと↓
あとは、新品の部品を組み付け、クーラントを補充、エア抜きを行います。
エア抜きが終わると、試運転を行い作業終了です。

BMWの修理やメンテナンス、カスタムやドレスアップなどお気軽にお問い合わせ下さい。

BMW専門店スパークオート 門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください