title image

スタッフブログ

東大阪市B様 BMW Z3 Mロードスター足回りブッシュ交換等

BMW専門店スパークオートの津村です。
東大阪市のB様のご依頼でZ3 Mロードスターの足回りブッシュ交換作業等をさせていただきました。
まずはフロントコントロールアームブッシュの交換です。
Z3のコントロールアームブッシュは、E46のようにブラケットごとの交換ではなく、ブッシュのみを抜き換えで交換します。
見た目にひび割れ等もない状態でしたが、それなりに年月や走行距離も経ており、ゴム自体は硬化していたようです。
フロントはそれ程時間は要せず交換可能です。

続いてはリアのトレーリングアームのブッシュ交換ですが、Z3はセミトレーリングアームのため、ブッシュが片側2個ずつの交換となります。
作業自体はトレーリングアームを外して油圧プレスで抜き換えをするのですが、取り外しにはショック下部ボルトを外したり、スプリングを外したり、サイドブレーキ分解及びワイヤーを外したり、ドライブシャフトを外したり、マフラーを外したりとそこそこ手間がかかります。

またフロントのブッシュと違い、ブッシュ表面がゴムのためアームに挿入時の潤滑剤が必要です。
潤滑剤と言っても挿入後は滑らない事が条件なので、オイルやグリスの類は使用出来ません。
専用の潤滑剤は量が多くて購入するには無駄がありますし、石鹸水等ではブッシュ挿入中に潤滑不足になりそうなので使用する潤滑剤の選定には注意が必要です。

全てのブッシュを交換後、元に組み終えたら試運転をして問題がないことをチェックして足回りは完了です。
続いてはシート上部横に装着されているシートベルトガイドが割れているため交換です。
シートバックの表皮を外さないと交換が出来ません。
裏から抜け止めワッシャーで固定されています。
表から交換出来るように作られていないのが不親切な感じがしました。
割れたガイドを外して新品を取り付けて元通りに表皮を組みます。
完成です。
そして追加依頼分のエンジンオイル漏れ修理です。
オイルパン底のカバーから漏れていました。
こちらはOリングの交換だけで治りました。
Oリング交換組み付け後、エンジン運転状態で漏れがないことを確認して全ての作業が完了致しました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください