title image

スタッフブログ

奈良県I様 F10 車検整備

BMW専門店スパークオートの津村です。
奈良県のI様よりBMW F10の車検整備のご依頼をいただき、作業をさせていただきました。
最初に見積もりから始めるのですが、車両をリフトアップしてアンダーカバーを外し、オイル漏れや冷却水漏れ等の有無をチェックしたところ、ラジエターから冷却水が漏れているのを発見。
白くこびりついているのは冷却水が漏れた跡です。
ラジエターの交換をご了解いただき交換作業をします。
外したラジエターは左右下部辺りでコアから漏れています。
最近のラジエターはオールアルミなので修理出来ないわけではないのですが、交換するよりも高くつきます。
なので必然的に新品ラジエターに交換となります。
届いた新品ラジエターを組み付けて、冷却水を注入及びエア抜き作業をしてこちらの作業は完了です。

続いてはリアのディスクパッド残量がなく、赤警告が出ていましたのでリアディスクパッドの交換です。
ブレーキキャリパーを外してパッドを取り外します。センサー側のパッドはまだ少し残量があるようですが、外側は殆どなくなっています。
ローターもパッドが当たる面が削れて段付き摩耗しているので同時交換です。
今回も毎度おなじみのディクセルさんのPDローターとプレミアムディスクパッドを使用します。
純正の半分程度の金額で交換出来るのでお得です。
弊社はエンドレスさんの代理店でもありますので、そちらをご希望の方はお申し付け下さいね。
特にご指定がない限りはディクセルでお見積りを出させていただいております。
ディクセルのローターは防錆コーティングがされているのですが、組み付け時落とす必要はありません。
ブレーキをかけるとパッドが当たる部分のみ削れて他の部分は残るので、パッドが当たる面以外は錆が出にくいのが特徴です。
パッド交換も終わり、他の必要な作業も滞りなく検査も無事合格して予定通りにお車をお返し出来ました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください