title image

スタッフブログ

大阪府N様 R56 ミニクーパーS ボンネットストライプ貼り替え準備

BMW専門店スパークオートの津村です。
本日は車検整備でお預かり中の、大阪市N様のお車R56 ミニクーパーSの作業です。
車検整備自体はそれ程内容もなかったのですが、ついでの作業と云うか、こちらの方がメインな感じと云うか、ボンネットストライプの貼り替えのご依頼をいただきました。
貼り替えには当然古いストライプを剥がさないといけないのですが、ひび割れが酷くかなり劣化しており、普通に剥がそうとしても千切れるばかりで剥がれません。
仕方がないのでステッカー剥がし用の特殊工具?を使用して削り落とします。
削り落とすと言っても、イメージ的にはシールを消しゴムで剥がすような感じと言えばわかりやすいでしょうか?
ストライプは剥がれたのですが、ひび割れていた箇所の塗装に凹みが出来ており、深い傷のような感じになっていました。
とりあえずこのままでは新しいストライプが貼れないので、磨きをかけて行きます。
塗装の状態が良いお車でしたら、剥がした箇所だけ磨いて下処理すれば済むのですが、ボンネットの塗装全体がウォータースポットと塗装の痛みで白く曇っており、ボンネット全体を磨かざるを得ない状態です。
半分程粗磨きが終わった状態です。
磨いた箇所と磨いてない箇所の違いが良くわかりますね。
ストライプ亀裂箇所の塗装の痛みは左側が特に酷く、肌調整用のコンパウンドでかなり磨いたのですが取りきれません。
ストライプが貼ってない箇所は塗装が焼けて退色しており色が違います。
仕上げ磨きまで完了して、ストライプが貼れる状態にはそこそこなったのですが、ひび割れ箇所の傷状の凹みの部分は、新しいストライプを貼った後にエアーや水抜けが悪いと思われますので、同じところからストライプが痛みだすと思われます。
こうなる前にステッカーの類は状態を見て3~5年程度で貼り替えるのがいいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください