title image

スタッフブログ

自動車のフロントガラスのステッカー類について

BMW専門店スパークオートの津村です。
本日は少しフロントガラスに貼り付けされているステッカーについてです。
登録自動車であれば当たり前に貼り付けられているはずのこのステッカー。
正式には検査標章と言います。
このステッカーですが、貼ってあるなしで自動車の検査や整備に関わる保安基準には抵触はしないのですが、道路交通法にて貼り付けが義務付けされています。
検査が切れていなくても検査標章を貼らずに自動車を運行した場合、50万円以下の罰金が課せられる恐れがあります。
たまに貼っていないお車を見かけますが、滅多にない事かも知れませんがこんな事で50万とか馬鹿らしいですよね?
義務ではありますので貼るようにしましょう。
そして貼る位置ですが、フロントガラスの中心に近い上面が貼り付け位置になります。
ただし外から見えないや見ずらい場所に貼るのはNGです。
厳密に言うと、上の写真の貼り付け位置もガラスのドットパターンの部分に貼っているのであまり良くはありません。
ですが、外から容易に確認出来る状態ではあるのでまぁOKです。
出来ればガラスの透明な部分に貼るようにしましょう。
そして同じく見慣れたこのステッカー。
ダイヤルステッカーと言いますが、法定点検を受けている事を示すステッカーです。
ただこのステッカー、次の点検時期を過ぎてもそのまま貼り続けていると保安基準違反となります。
ダイヤルステッカーの裏面にも書いてあるのですが、期日を過ぎたステッカーは剥がさないといけません。
また期日を過ぎていなくても、文章内に貼り付け期限と云うものが書かれていて、これを超えて貼り付けていても保安基準違反となります。
自家用乗用車の場合、法定一年点検は義務とされているので、毎年点検を受けている方は整備工場の方で貼り替えられているので気にしなくてもいいかも知れません。
法定一年点検は受けずに車検しか受けないって方は期限が来たら剥がされる事をオススメします。
因みに期限が来たら剥がさないといけないなら最初から貼らなければいいんじゃ?って思う方もおられるかと思います。
そう、ダイヤルステッカーは貼ってなくても別に罪に問われる事はありません。
なので貼りたくない方は前もって申し出て下さいね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください