title image

スタッフブログ

柏原市D様 BMW E65 750i  クーラント漏れ修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、柏原市D様のBMW  E65  750iです。
「クーラントが漏れてエンジンルームから白煙が出た」とご連絡がありお車をお引き取りに伺いました。
スパークオートに持ち帰り点検してみると、リザーバータンクから漏れています。
D様にご連絡後、修理作業です。
必要な部品が届くまでの間に、修理する部分の分解作業です。
今回の修理は漏れているリザーバータンクの交換クーラントホース類の交換です。
残っているクーラントを抜き取り、交換する部品をサクサク取り外していきます。
外したホース類がコチラ↓
リザーバータンクは↓
白のマーキングで囲っている部分に亀裂があり、そこからクーラントが漏れていました。
届いた部品を組付けていき、クーラントを補充します。
エンジンを始動し、クーラントのエア抜きをしながら交換した部分以外に漏れが無いか確認です。
その他に漏れはなくクーラントのエア抜きが終了すると、作業終了です。
作業終了のはずだったのですが、エンジンを始動してしばらくすると、オーバーヒートの警告灯が点灯してしまいます。
すぐに点検してみると、クーラント漏れはなく、クーラントも循環し、電動ファンも回っています。
さらにテスターを使い診断を進めていくと、電動ファンが回らないといけないタイミングで回っていないことが判明しました。
原因は電動ファンです。
ファンが回る時もあれば回らない時もあるようです。
すぐにD様にご連絡し追加で電動ファンの交換を作業させて頂きました。
コチラが外した電動ファン↓
電動ファンを交換後、エンジンを始動しオーバーヒートしないか電動ファンがキチンと回っているかを確認し、作業終了です。

BMWの修理メンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください