title image

スタッフブログ

東大阪市S様 BMW E87 116i エアバッグ警告灯点灯修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、東大阪市S様のBMW  E87  116iです。
「エアバッグの警告灯が点灯したので点検してほしい」とご連絡があり、ご来店されました。
ディーラーでも点検して修理の見積もりが高額だったので、もう少し費用を抑えられないかご相談されました
テスターで診断し、お見積もりをS様にお見せしたところ、修理費用にご納得いただき、修理作業のご予約を頂きました。
エアバッグ警告の原因は、助手席の着座センサーの故障です。
修理内容としては、センサーを交換する作業になります。
では、作業開始。
着座センサー自体は、シート内に取り付けてあるので、まずは、シートを車内から取り外します。
シートが外れると、着座センサーが取り付けてある座面の表皮をめくっていきます。
表皮がめくれると着座センサーが見えます↓
この後、新品のセンサーに交換し、表皮を戻してシートを車内に復元します。
全ての復元作業が終わると、テスターでエラーコードの消去を行い作業終了です↓

修理メンテナンスなどBMWに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください