title image

スタッフブログ

奈良県A様 BMW E91 325i BEAMコンプリート エンジン始動不能修理

BMW専門店スパークオートの津村です。
先日エンジン不調修理をさせていただいた奈良県のA様からエンジンがかからなくなったとの事で再びご入庫。
当初バッテリー上がりかと思われたようで、別のお車とブースターケーブルで繋いでみたそうですがかからなかったそう。
この年式と走行距離からしてスターターモーターが壊れたんじゃないかとお伝えしたところ、突然壊れるものなの?と聞かれました。
そう、何故かここら辺りの6気筒エンジン搭載車はスターターモーター突然死する事があります。
4気筒やV8ではあまり聞かないのですが、6気筒エンジンでバッテリー上がりでもなく、突然うんともすんとも言わない・かからないのはほぼスターターモーターの故障です。
運が良ければスターターモーターを叩けばかかる事もあるのですが、いかんせんスターターモーターの装着位置が非常に叩きにくい。
適当な棒とハンマーがなければ無理でしょう。。。
そんなこんなで本当にスターターモーター故障なのかを車上で点検。
スタートスイッチを押しエンジン始動操作をしてみたら、スターターモーターからカチンと音はしています。
マグネットスイッチには電源入ってるようですが、念の為C端子コネクターを抜いてサーキットテスターで電圧を確認します。
ついでにB端子にも電圧が来ているか確認。
どちらも問題ありません。
スターターモーターより前の回路は正常なので、ほぼ間違いなくスターターモーター故障です。
と云うわけで新品に交換。
本当は一度外して単体点検するとベストなのですが、時々エンジンはかからないけど単体点検では普通に動くやついたりします。
それにスターターモーターを外すには、インテークマニホールドの脱着が必要なので、ほぼ間違いない場合は外すぐらいなら交換してしまいます。
交換後はスターターモーター新品なだけに、スターターモーターの動作も軽くかかりもばっちりです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください