title image

スタッフブログ

大阪市T様 BMW E90 320i BEAMコンプリート 車検

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市都島区T様のBMW  E90  320i  BEAMコンプリート車検でお預かりです。
まずは、お見積りからスタートです。
ご来店時に、Fブレーキの警告が点灯していたので、確認していきます。
原因は、パッド残量が少なくなっているためでした。
一通り点検し、その他にRブレーキパッドの残量少エンジンオイル滲みクーラント滲みなど整備が必要な部分が数か所ありました。
お見積りをT様にご連絡し、ご了承を頂き、必要な部品などを手配し、整備作業を進めていきます。
部品が到着するまでに、エンジンオイル滲みの修理部分を分解していきます。
T様のお車でオイルが滲んでいるのは、シリンダーヘッドカバーバキュームポンプです。
どちらも、E90の4気筒エンジンでは定番の修理箇所です。
どちらとも、ガスケットを交換する作業なので、サクサク分解していきます。
シリンダーヘッドカバーが外れると↓
この後は、ガスケットの取付面を清掃していきます。
シリンダーヘッドカバーを組み付ける前に作業した方が楽なので、先にバキュームポンプを修理します↓
コチラは、バキュームポンプを分解しガスケットを交換します。
ガスケットを交換したバキュームポンプを組み付け、シリンダーヘッドカバーを組み付けていきます。
これで、エンジンオイル滲みの修理は終了。
続いて、クーラント滲みの修理です。
コチラは、リザーバー(サブタンク)本体を交換します。
部品の接合部分から滲んでいる跡があったので、本体ごと交換します。
サクッとリザーバー交換を終わらせ、続いて前後ブレーキの交換です。
今回もディクセルの製品を使用です↓
サクサク交換作業をしていき、交換後がコチラ↓
ブレーキ交換が終わると、油脂類(エンジンオイル・クーラント)を補充します。
クーラントのエア抜きを行いながら、修理したオイル滲み部分の確認をします。
最後に、消耗品のバッテリー発煙筒を交換し、テスターでサービスメンテナンスをリセットします↓
全ての作業が終わると、ブレーキのアタリづけを兼ねて試運転で異常がない事を確認して車検整備は終了です。

車検や点検、修理やメンテナンスなどBMWに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください