title image

スタッフブログ

大阪狭山市T様 BMW F34 320i GT ブレーキ交換

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪狭山市T様のBMW  F34  320i GTです。
鈑金修理でお預かりしていました。
鈑金修理が終了し、スパークオートに戻ってきましたが、ここからT様の御要望のブレーキ交換作業を行います。
T様のご要望は低ダストパッドの装着。
ちょうどパッドの残量も少なくなっており、鈑金修理で預かるついでに交換という事です。
では、交換作業を進めます。
今回もディクセルの低ダストパッドを使用します↓
同時にブレーキディスクも交換します。
まずはフロントから、サクサクとブレーキを分解していきます↓
分解したついでにキャリパーやキャリパーサポートに付着している汚れも掃除しておきます。
掃除が終われば新品の部品を組み付けていきます↓
フロントが終わると、同様にリアも交換していきます↓
交換作業が終わると、テスターでサービスメンテナンスをリセットです↓
リセット後、ブレーキディスクとパッドのアタリ付けのため試運転をします。
試運転が終われば作業終了です。

ブレーキパッドとブレーキディスクを交換すると、アタリが付くまでブレーキの効きがあまくなります。
およそ100キロほど通常走行すればアタリは付きますので、交換後はいつも以上に安全運転をお願いしています。

BMWのメンテナンスや修理、車検や点検などに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください