title image

スタッフブログ

大東市M様 BMW F10 M5 クーラント漏れ修理&エンジンオイル交換

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大東市M様のBMW  F10  M5です。
「エンジンルームから煙が上がった」とご来店されました。
点検をしてみると、ターボチャージャー冷却用のホースが傷んでおり、
クーラントが漏れた跡がありました。
煙の原因はクーラント漏れによるものでいた。
M様にお見積りをお伝えすると、「ついでにエンジンオイルの交換もお願いします。」とご了承を頂き、お車をお預かりしました。
まずは、部品を手配し、エンジンオイルとクーラントを抜き取っていきます↓
今回もオイルフィルターは同時交換します。
F10  M5のエンジンはオイルフィルターが下側に取り付けてあるので、エンジンオイルを抜き取りながらオイルフィルターを取外し交換します。
抜き取り作業が終わると、漏れているクーラントホースを取外していきます。
取付けしてあるのはエンジン上部です↓
ホースにはヒートプロテクションが巻いてありますが、ターボチャージャーの高熱には耐えられない様です。
クランプを外し、ホースを交換していくと↓
ホース交換が終わると、エンジンオイルとクーラントを補充します。
クーラントのエア抜きを行いながら、漏れのチェックも行います。
その他の部分も漏れが無い事を確認します。
クーラントのエア抜きが終われば、新品のヒートプロテクションを取付け、エンジンカバーを取付ければ作業終了です。

BMWの修理やメンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください