title image

スタッフブログ

おっさんには懐かしい?自動車の話題

BMW専門店スパークオートの津村です。
今日は整備や修理の話ではなく、気になるニュースを見かけたのでそれに触れてみます。
欧州で2022年7月からの新発売車2024年7月からは全ての新規登録車にISAと云う装置の装着が義務付けられるそうです。
ISAとは自動速度制御装置の事なのですが、ディスプレイやモニターに自車位置の法定速度を表示してドライバーに速度超過を警告するもの。
昔、国産車では当たり前に装備されていた110キロ超えたらキンコン♪キンコン♪なるやつの発展版と考えればわかりやすいでしょうか?
なんだそれだけかと思われるかも知れませんが、ゆくゆくはスピードリミッターをかける事も視野に入っているようです。
日本では大型トラックでスピードリミッターが義務付けられていますが、GPSとスピードリミッターの併せ技になると思われるので一般道路・高速道路問わず法定速度以上は出せない感じになるのだと思います。
日本に入ってくる輸入車がどうなるのかは不明ですが、最近の国土交通省は国際基準や欧州基準に合わせて法改正してくる事が多いので先々には日本も追随するのかも?
ですが速度取締をしている桜田門方面は抵抗するのかも?(笑)
いずれにせよ、そのような装置が義務となった場合にはウザイのでキャンセルしてくれとか言ってくるユーザー様は必ず出てくると思われますが、保安基準として法律に組み込まれた場合はそのような申し出にはお応え出来なくなります。
なんにせよどのような形で推移して行くのか暫くは注視が必要そうですね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください