title image

スタッフブログ

大阪市北区S様 BMW MINI F54 クラブンマン トランスミッション異常修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市北区S様のBMW  MINI  F54  クラブマンです。
「トランスミッション異常の警告灯が点灯した」とご来店されました。
テスターで診断してみると、シフトロックソレノイド異常のエラーコードが入っています。
という事は、最近、修理する事が多いシフトメカニズム内の故障です。
ディーラーでは、シフトメカニズムごと交換するので、費用が高額になります。
スパークオートでは、内部を修理するので費用を抑えることができます。(状況によっては修理できない場合もあります)
S様のお車も修理が可能か確認するためにシフトメカニズムを取外します↓
シフト周りのパネルをバラし、シフトメカニズムを取外していきます。
取外したシフトメカニズムを分解すると、修理可能な部分だったのでそのまま修理作業を行います。
修理が終わったシフトメカニズムを車両に取付け、テスターでエラーコードを消去します。
エラーコード消去後、シフトを動かしたりしてエラーが入らないことを確認します。
警告灯が点灯しないことを確認し、試運転を行い異常が無いかを確認して作業終了です。

修理やメンテナンス、点検や車検などお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください