title image

スタッフブログ

毛色の違う修理 ウチは車屋です(笑)

BMW専門店スパークオートの津村です。
本日も暑い中あれやこれやと業務をこなしておりましたが、間に少し空き時間が出来たので2日ほど前から故障しているある物の修理をする事に。
弊社は基本一人一台PCがあるのですが、そのうち一台が電源が入らなくなるトラブルが発生していました。
なんやかんやと20年以上家のPCは自作派なのでそれなりにトラブルにも遭遇し、解決もしてきました。
こういう故障の場合はまず疑うべきはCMOS電池次に電源ユニットそして最悪はマザーです。
こういう故障を診る場合はPCの構成を最小にして診るのですが、会社PCは全てモニター一体型なのであれやこれや外すと手間です。
なのでとりあえずマザーが見える状態までバラします。
で、電池をとりあえず交換してみる。
同時にCMOSのクリアも実行します。
これで一度電源を投入してみて動くか確認。。。動きましたヽ(=´▽`=)ノ
この電池が消耗していると、時計が狂ったりOSを読み込まなかったり、今回のように電源が入らなくなったりする事もあります。
ある程度年数使っているPCの場合は電源が駄目な事もよくあるのですが、今回は電池交換のみで治って良かったです。
と云うか、モニター一体型のPCの場合電源ユニット自体が専用設計又はマザーと一体な事もあるので、電源が逝ったら基盤や回路を自分で修理出来る人以外は流用出来るジャンクパーツ探すしかありません。
実際そのような場合は買い換えた方が早いのですが。
ATXやitxのようなPCであれば修理は何とでもなるのですが一体型が融通が効かないので嫌いです。(笑)
なんにせよ治って良かったε-(´∀`*)ホッ

因みにPCの修理はお受けしていません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください