title image

スタッフブログ

滋賀県Y様 BMW F15 X5 エアサス修理

BMW専門店スパークオートの津村です。
滋賀県のY様からリアの車高が下がるとの事で修理のご依頼。
お預かりして数日放置して様子を見てみるも下がる気配がありませんでした。
テスターを繋いで車高を下げたり上げたりテストしてみましたが機能的には問題なさそう。
そうなると怪しいのはエアサスのエアスプリング部です。
一般的にベローズと呼ばれますがBMWのエアサスの場合、使用されているのはスリーブタイプと呼ばれるタイプです。
ベローズタイプは団子のような形をしたエアバックなのに対して、スリーブタイプは筒状のエアバック下側が内側に折り返されている構造になっています。
この構造上により、通常使用時では大体決まった部分のみ折り返されたり伸びたりするのでゴムが劣化してくるとひび割れて穴が空きます。
伸びた時に露出する部分に穴が空いても、荷重のかかった状態(縮んだ状態)では中に折り返されているので一気に空気が抜けたりはしません。
ただ、穴は空いているのでじわじわと抜けて行きます。
車両をリフトで上げてエアバック部にタイヤのパンクを診る時に使う液をスプレーすると、やはり漏れている事がわかりました。
他に原因があるにしろないにしろ、肝心のスプリングが漏れているのでは先に進まないので、ここの交換からご了解をいただき早速交換に入ります。
念のため外したエアバックを水に沈めてエアーを入れてみましたが、完全に伸びた状態になるとかなり漏れが酷い状態だったようです。
反対側もテストしてみましたが結構激しく漏れています。
車高の下がりの原因はエアスプリングで間違いなさそうです。
新品のエアスプリングと交換してエアシステムを作動させます。
あとはホイールを組んで一応数日様子を見て問題なければ完成となります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください