title image

スタッフブログ

藤井寺市T様 BMW MINI F56 COOPER S トランスミッション異常修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、藤井寺市T様のBMW  MINI  F56  COOPER Sです。
「トランスミッション異常の警告が出る」とご連絡がありご来店されました。
出ていた警告灯がコチラ↓
この場合、シフトソレノイド異常の事が多いです。
故障個所を特定するため、テスターを繋ぎ診断してみると、予想通りシフトソレノイド異常がエラーコードとして出てきます。
こうなると、ディーラーではシフトメカニズムごと交換になりますが、スパークオートではシフトメカニズムを分解し修理します。
T様の修理内容をご説明し、修理作業に取り掛かります。
シフトメカニズムを分解するには車両から取り外さないといけないので、センターコンソールなどをまずは取外していきます。
ドンドン取外していきシフトメカニズムまで取外すと↓
コチラが外したシフトメカニズム↓
あとは分解し修理していきます。
修理が終わったシフトメカニズムを車両に取付け、テスターでエラーコードを消去します。
エラーコードの消去が終わると、シフトを動かし機能に問題ないかを確認します。
最後に試運転を行い、警告灯が点灯しないかなどの確認をして作業終了です。

F系のMINIでこういった症状が出てお困りの方はお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください