title image

スタッフブログ

弊社レンタカー BMW F10 523d エンジン・ミッションマウント交換

BMW専門店スパークオートの津村です。
昨日に続き弊社レンタカーのF10 523dの修理です。
エンジンがかかっている状態で常に振動が大きめな事。
Dに入れると振動が大きくなる。
Rでは少しマシな感じ。
明らかにエンジンマウントのヘタリによる症状です。
BMWに限らずディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べ振動が大きい傾向にあり、エンジンマウントが新しいうちはゴムも柔軟で充分に振動を吸収出来ますが、エンジンと云う重い物を支えているため年数が経つとゴムが圧縮され固くなり振動を吸収しきれなくなります。
これはガソリンエンジンでも同じ事なのですが、ガソリンエンジンの場合はエンジン自体の振動が少なめなため気になるレベルになる事はそうそうありません。
と云うことで新品のエンジンマウントと交換です。
まずはエンジン左側のマウント。
古い方は上のゴムの出面が少ないのがわかります。
それだけゴムが圧縮・硬化しているのです。
続いて右側のマウント。
左のマウントよりも更に出面が少なくなっています。
そして最後にミッションマウントです。
古いマウントは全体的に圧縮されているのがわかるかと思います。
マウント交換後はエンジンの振動も車内に伝わらずいい感じになりました。
エンジン振動が車内に伝わり気になっている方は是非一度ご相談下さいね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください