title image

スタッフブログ

大阪府K様 BMW F20 116i エンジン不調

BMW専門店スパークオートの津村です。
年明け一発目の修理ご入庫になった大阪府K様のお車BMW F20 116i。
症状的には一気筒失火している感じです。
このパターンは大体イグニッションコイル不良の事が多いのですが、とりあえずテスターにて診断をかけてみます。
テスターの診断では2番シリンダーが失火しているようなので中古のコイルと入れ換えてみました。
ところが全く症状が変わらず、他のシリンダーのコイルと入れ換えてみるも変化なし。
プラグも入れ換えてみましたが変化なし。
失火により2番インジェクター強制停止状態なので一度エンジンを切ってエラーをクリア後再始動してみると、暫くの間は排ガスがガソリン臭いので燃料噴射はされている様子。
コイル~DME(エンジンコンピューター)間の配線を確認しても異常なし。
圧縮を測るも問題なし。
コイルを外した状態で配線を接続してダミープラグで火花を確認してみると、2番だけ全く飛んでいません。
どうもDMEが故障しているようです。
オシロスコープがあれば1次波形を診てはっきりできるのですが、弊社には残念ながらありませんのでこれ異常は追えません。
ただDME不良であるのはほぼ間違いなさそうなのでお客様にご了解をいただいて新品を手配致しました。
が、ドイツ本国手配と云うオチ付きでした。^^;

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください