title image

スタッフブログ

大阪府K様 BMW R55 MINIクーパーS クラブマン AT警告灯点灯

BMW専門店スパークオートの津村です。
大阪府K様より、BMW R55 MINIクーパーSクラブマンのAT警告灯点灯の修理依頼です。
入庫時警告灯は点いておらず、暖気後走行していると点灯するとのお話。
とりあえずテスターを繋いで診てみます。
AT 内部の回転センサー及び2速変速比モニターに不具合が出ている様子。
それはそうと、入庫時から気になっていたオイルの匂いと冷却水の匂い、そちらも気になるのでATの点検がてら確認してみる事に。
結果、エンジンオイル漏れはかなり酷い状態、冷却水もサーモスタット及びサーモスタットからウォーターポンプを繋ぐパイプから漏れている様子。
そればかりかATオイルクーラー取付部からATFがかなり漏れています。
おそらくはATF量が少ない状態でずっと走行していたため出た不具合のようです。
こうなるとセンサーやメカトロニクスを交換しただけでは治らないと思われ、AT自体のオーバーホール又は交換が必要かと思われます。
加えてエンジンオイル漏れと冷却水漏れも早期に治す必要があります。
その上、今年の4月には車検なのでとてつもなくお金がかかりそうです。
普段から点検を受けて随時必要なメンテナンスを行っていれば、ここまでならなかったと思われますが、ここまで来るとちゃんと修理するか乗り換えるかの2択になりますね。
距離・年式的なものや、かかる費用を考えると乗り換え一択な気もします。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください