title image

スタッフブログ

BMW F15 X5 xDrive35d EGR冷却電動ウォーターポンプ交換

BMW専門店スパークオートの津村です。
本日はBMW F15 X5 xDrive35dのEGR冷却用電動ウォーターポンプの交換作業です。
EGRは何度か書いたことがありますが、排気ガス再循環装置の事で排気ガスの一部を吸気側に戻す事で燃焼温度を下げNOx(窒素酸化物)の排出濃度を下げる目的の装置です。
ディーゼルエンジンは燃焼温度が高いのでNOx濃度が高くなる傾向があり、そのような意味で必要な装置となります。
現在のEGRは電子制御かつ吸気側に回す排気ガスの温度を下げる一種のラジエターが装着されています。
このラジエターをEGRクーラーと言いますが空冷ではなく、水冷方式となっておりエンジン冷却用のウォーターポンプとは別に専用の小型ウォーターポンプが装着されています。
今回はこのウォーターポンプ断線のエラーが出ていたため、ウォーターポンプを交換して行きます。
エンジン左サイドのオイルクーラー下辺りに装着されており、外しやすいとは言えないのですが取り外しました。
新旧並べて記念撮影(笑)
ブラケットを新しいポンプに付け替えてエンジンに取り付けます。
取り付け出来たら冷却水を注入してエンジン始動、テスターを繋いでエラーを消去します。
交換前は消去出来ませんでしたが、交換後はバッチリオールグリーンです!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください