title image

スタッフブログ

大阪市北区Y様 BMW MINI R50 COOPER 車検

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市北区Y様のBMW  MINI  R50  COOPER車検です。
まずは、お見積りからスタートです。
一通り点検しお見積りを作成するのですが、ご入庫時エンジンの警告灯が点灯しエンジンの調子も悪かったので、
まずはそちらから診断していきます。
テスターを繋ぎ、診断してみると、3番シリンダーの失火がエラーコードとして入力されています。
Y様のR50では、各シリンダーごとのダイレクトタイプでは無く1つのイグニッションコイルで4つのシリンダーを点火させるタイプです。
このタイプのイグニッションコイルもよく壊れる部品です。
このイグニッションコイルと予防整備として各プラグコード、スパークプラグも同時交換のお見積りです。
あとは、いつも通り点検し車検のお見積りを作成しY様にご連絡します。
作業内容にご了承を頂き、必要な部品を手配し車検整備を進めていきます。
エンジンオイルなどの油脂類の交換、ブレーキ廻り、下廻りの整備を行います。
出来る部分の整備が終わると、部品が届いたイグニッションコイルを交換します。
イグニッションコイルを交換後、ひとまずエンジンを始動させエンジンの調子を確認しテスターを繋いでエラーコードを消去します。
エンジン警告灯が消えたことを確認し、スパークプラグとプラグコードを交換です↓
スパークプラグなどを交換したら続いてコチラもR50系MINIでは定番のパワステホースのオイル漏れを修理です。
こちらはホースごと交換するので、パワステフルードを抜き取り、リザーブタンクごと取外していきます↓
取り外しができれば新品のホースを組み付けパワステフルードを補充します。
これでY様のお車の車検整備は終了です。

BMW  MINIの車検や点検に関する事などはお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください