title image

スタッフブログ

大阪府H様 BMW E46 318i 車検整備(その2)

BMW専門店スパークオートの津村です。
先日の続きです。
まずはエンジンの冷却水漏れの修理から。
インテークマニホールドを外して損傷しているパイプを取り外し交換します。
このエンジンのインテークマニホールド周りは現在のエンジンと違ってバラしにくいので手間がかかります。
駄目になっていたパイプです。
エンジンサイド部のパイプはエンジンに入るぶぶんはボロボロに、ホースが入るコネクター部分は脆くなっていて外すとき折れました。
リア側のパイプはOリングが駄目なのとパイプに入るホースが駄目だったようです。
どちらも新品に交換致しました。
マニホールド周りを元通りに組んだ後、フロントカバーのオイル漏れの修理にかかろうとシリンダーヘッドカバーを外したところ、エンジンフロント側の取り付けボルトがゆるゆるで締まっていない様子。
シリンダーヘッドカバーを外してみるとそこだけ液体パッキンのような黒いものが付着しています。
取り付けボルトにも同じく黒い物体が・・・
最初液体パッキンかと思っていたのですが触るとベタベタしており、どうもブチルゴムのようです。
何故こんな所にブチル?疑問に思ってネジ穴を見てみると、ネジをなめておりボルトを入れるとスコスコ入る感じ。
つまりはどこかで修理した際にネジをなめて締まらなくなったので誤魔化しでブチルで固定していた様子。
ありえない修理です。
これがあったため、本日エンジンの修理は終わらせる予定だったものがネジの補修材料を急遽注文したため不可能に。
ネジが駄目になっていた箇所がガスケットを交換するフロントカバー部だったので、フロントカバーを交換すれば治りはします。
ただ年式的にすんなり部品があるとも思えず、期間的・コスト的な面でネジを修理する方向に致しました。
ボルトで締める対象のネジ部がアルミ素材の場合、意図しなくてもネジ山が飛んでしまったりする事はあるのですが、なめてしまうにしろ飛んでしまったにしろそのまま放置&ごまかしはいただけませんね。
そんな感じで作業中トラブル続きですが作業は確実に進んでいますのでご安心下さいね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください