title image

スタッフブログ

東大阪市M様 BMW E92 320i Mスポーツ クーラント漏れ修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、東大阪市M様のBMW  E92  320i  Mスポーツです。
クーラントが漏れて警告灯が点灯したという事で、レッカーで搬入されてきました。
入庫後、点検してみるとエンジンブロックとサーモスタットを接続しているホースのジョイント部がパックリ折れていました。
これではクーラントはダダ漏れです。
このホースを交換すれば現状のクーラント漏れは治りますが、
他のクーラントホースやサブタンクなども樹脂製なので、
同様に劣化していることも考えられるので冷却系統一式で交換する事になりました。
必要な部品を手配し、分解作業開始です。
ラジエーターやサブタンク、アッパーホースなどドンドン外していきます↓
で、今回、交換するホース類がコチラ↓
この他にはラジエーターも交換します。
部品が到着すると次々に組み付け作業です。
全ての組み付けが終わると、クーラントを補充しエア抜き作業です。
エア抜きをしながら、クーラント漏れが無いかを確認します。
漏れもなくクーラントのエア抜きが終われば最後にクーラント量を調整して作業終了です。

BMWの修理やメンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください