title image

スタッフブログ

大阪市平野区T様 BMW MINI F56 COOPER トランスミッション異常警告修理

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市平野区T様のBMW  MINI  F56  COOPERです。
エンジンを切ったときにトランスミッション異常の警告灯が点灯するという事でご来店されました。
テスターで診断してみると、定番のシフトメカニズムの故障が入っていました。
ディーラーではシフトメカニズム交換を勧められますが、スパークオートでは分解し修理します。
まずは、修理できる部分か確認するためにシフトメカニズムを取外します↓
ここからシフトメカニズムを分解していきます。
分解し壊れている部分が修理できる所だったので、そのまま修理していきます。
修理したシフトメカニズムを車両に取付けテスターでエラーコードを消去します。
消去後、エンジンを始動させシフトを動かし警告灯が点灯しないか確認です。
警告灯が点灯しないことが確認できたら試運転を行い、問題ない事を確認して作業終了です。

BMW  MINIの修理やメンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください