title image

スタッフブログ

大阪府I様 BMW E82 135i オイル漏れ修理

BMW専門店スパークオートの津村です。
大阪府I様よりBMW E82 135iのエンジンオイル漏れ修理のご依頼をいただきました。
今回修理するのはエンジンオイルパンのオイル漏れ。
そしてターボチャージャーオイルリターンパイプの漏れ修理です。
メンバーを下ろしてオイルパンを外し、先にリターンパイプを交換してしまいます。
と云うか、このパイプ今回は漏れで交換ですが、メンバーを下ろした状態でないとかなり狭く交換しにくい感じなので、オイルパンガスケットを交換する際には漏れていなくても、せめてOリングぐらいは交換しておいたほうがいいかも知れません。
オイルパンの取付面は可能な限り清掃して綺麗にします。
綺麗にはするのですがオイルパン組んでる間にエンジン内部に残っているオイルが垂れてきて取付面に付着するのが悩みの種です。
オイルパンを新しいガスケットで組み付けた後は綺麗に洗浄・清掃してアイドリングで一時間程漏れがないかチェックします。
その後、試運転をしてから再度漏れが無いことをチェックして完了になりました。
今回は同時に劣化したシフトノブをMパフォーマンスのシフトノブに交換もご依頼いただきました。
通常こちらはシフトブーツも専用のアルカンターラの物に交換になるのですが、製造終了で残念ながらシフトブーツは元のシフトノブの物を流用いたしました。
今回はご入庫いただきありがとうございました。
次回車検整備のご依頼もお待ち致しております。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください