title image

スタッフブログ

来年1月から自動車の検査関係で変更があります

BMW専門店スパークオートの津村です。
以前にもお知らせ致しましたが、来年(令和5年)1月より自動車検査証が変わります。
大きさはA6サイズでICチップ内蔵になります。
どうせならカードサイズにすればいいのにと思うのですが、あまり小さくすると紛失する人も増えそうなのでいい大きさなのでしょうか?

それに加えて同時期に変更になりそうなのが検査標章の貼り付け位置です。
現行ではフロントガラス上部のガラスの着色等で見えにくい箇所は避け、視界の妨げにならない場所になるので必然的に室内からはルームミラーで隠れつつ、外からは容易に確認出来る場所に貼っている車が多いですね。
ところがこのような場所に貼っていると車内側に記載されている検査の満了日が見えにくい欠点があります。
最近は車検切れで走行している車も多くなっているのか、使用者の管理責任の観点から検査満了日が確認しやすい場所に検査標章の貼り付け位置を変更する事になったようです。
具体的には来年1月からは前面ガラスの運転席側上部で、車両中心から出来るだけ遠い場所になるようです。
要するに右ハンドルであればフロントガラス右側上部の端、左ハンドルであればフロントガラス左側上部の端になります。
見た目相当違和感がありそうな位置ですが、格好悪いから貼らないなんて事をした場合、道路運送車両法109条違反で罰金50万円になります。

と云う事で来年1月から変更になる検査にまつわるお話でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください