title image

スタッフブログ

大阪府T様 BMW F10 523i BEAMコンプリート 色々修理(オルタネーター・ブレーキパッド交換編)

BMW専門店スパークオートの津村です。
前回の続きです。
と云うか、こちらが本編かも?
そもそものご入庫いただいた理由が走行中エンジンストール後再始動不可という症状でご入庫でした。
入庫時バッテリーは完全にあがっており、オルタネーターの発生電圧を点検したところ10ボルト程度しか発生していません。
一応診断機を繋いで診断をかけてみましたが、オルタネーターが壊れる前にオーバーチャージの症状が出ていたのか過電圧のエラーが大量に。
記録出来るエラーの量99個に対し99個拾っている状態でした。
過電圧状態が長く続いたのであればバッテリーはもちろんモジュール類にも何か影響が出ているかも知れません。
とりあえずオルタネーターとバッテリーが正常でないと、正確な診断は出来ないので先にそちらから進めて行きます。
壊れているオルタネーターを外して新品のオルタネーターを組付けます。
取付けボルトはアルミボルトのため同時交換になります。
オルタネーター組付けとは別に、バッテリーは一度充電をしてみて点検結果交換が必要でしたのでバッテリー交換を致しました。
電源系が正常に戻ったところで再度エンジン始動、テスターを繋いで診断をかけます。
無事全てのエラーが消去出来ましたので現状各モジュール類は大丈夫そうです。
最後にお客様のご依頼でフロントブレーキパッドとローターを交換します。
これで全ての作業は完了ですが気になる点が2点。
エンジンオイルパンからオイル漏れしているのと、オイルドレンボルトの状態が良くないのかドレンボルトからオイル漏れしています。
次回オイル交換を目安に修理をオススメ致します。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください