title image

スタッフブログ

大阪市鶴見区M様 BMW F11 523i Mスポーツ リザーバー交換

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、大阪市鶴見区M様のBMW  F11  523i  Mスポーツです。
先日、「冷却水補充の警告灯が点灯した」とご来店されました。
点検してみると、リザーバーには規定量より少し多い量のクーラントが入っています。
ウォーターポンプも正常に動いておりクーラントはしっかり循環しているようです。
クーラントレベルスイッチを他の車両と入れ替えてみても、警告灯は消えません。
残すは、リザーバー本体です。
リザーバー内のフロートがおかしくなり正常なクーラント量が読めなくなっているようです。
M様に修理内容とお見積りをお伝えし、部品を手配しました。
リザーバーが到着したので交換作業でお預かりです。
クーラントを抜き取りサクサクっと取外します↓
あとは、新品のリザーバーを組み付けクーラントを補充します。
規定の方法でクーラントのエア抜きを行います↓
クーラントのエア抜きが終われば、エンジンを暖機させます。
暖機させながら警告灯が点灯しないか確認です。
警告灯が点灯しない事を確認したら最後にクーラント量を調整して作業終了です。

BMWの修理やメンテナンスに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせフォーム

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください